薬剤師国家試験の試験はいつ行われるのか?

薬剤師の資格を取るために、6年間薬科大学、または大学の薬学部で学び、薬剤師国家試験に挑むのですが、その試験は、いつ行われるのかと言いますと、毎年3月の上旬の土曜・日曜に行なわれます。

 

そして薬剤師国家試験の結果発表はいつ発表されるのかと言いますと、3月上旬に行なわれていたのを最近では就職をする人のためへの配慮から、3月の下旬に行なわれるようになりました。

 

薬剤師の試験場所は?

試験場所も北海道、東北なら宮城県、関東なら東京都、北陸なら石川県、中部は愛知県、関西は大阪府、中国では広島県、四国なら徳島県、吸収なら福岡県と全国で試験を実地させております。

 

薬剤師の試験合格率

合格率は、最近薬剤師国家試験を受ける人の実力があがってきたこともありましてか、60パーセントや70パーセントと出ておりまして、5年前よりもあがっております。
これは2006年から大学で学ぶ薬学部は、4年制から6年制へと変わり、さらに薬学に対する知識を入れていくために、その知識が活かされ、合格率があがってきたこともあります。

 

薬は年々開発されていき、いろんな病気や症状に与えられるようになってきております。
それと同時にいろんな種類の薬が出てきていることもあり、薬剤師の知識はさらに必要とされるものであります。