居宅療養管理指導薬剤師の仕事

居宅療養管理指導薬剤師,高齢者,介護,医療行為,薬

居宅療養管理指導薬剤師とは何か知っていますか?

 

居宅療養管理指導は実際に利用者の御宅に訪問して専門的なアドバイスをしたり、指導を行なうものです。

 

介護保険法に基づくサービスの一環で通院が困難な方の為にあり治療までの医療行為は行ないません。

 

今後の超高齢化社会に向け、要介護者に今後も需要が増え続けるサービスと言えるかも知れません。

 

指導が必要な方は介護保健課に申し入れ、申請する必要があります。

 

居宅療養管理指導薬剤師はその中でも複数の薬を飲み合わせている方や、薬のせいで体調を崩しているか分からない場合、何かのアレルギーを持っている方や、栄養を補う上での食べ物やサプリメントとの飲み合わせの相性等の疑問に思ったことに応えてくれます。

 

利用対象者には例えば呼吸器系に重篤な症状がある方や、糖尿病や心臓病等の発作等が起こる心配がある方等がおりますので些細な変化には当然敏感になります。

 

その為この様なサービスが受けられると、ご本人もご家族もとても安心出来るものとなるでしょう。

 

症状を分析した上で薬を処方し、医師にも報告してくれるので何か症状の変化があればきちんと伝わります。

 

通常は月4回の訪問ですが末期の患者さんについては月8回訪問出来る場合もあります。

 

 

薬剤師専門の転職サイト

ファゲット

ファゲット