感染制御認定薬剤師の仕事

2006年から誕生した感染制御認定薬剤師は専門資格であり、医療機関や福祉施設などでの感染症の予防や治療を行うために、重要な専門家となっています。

 

医師と連携して、より質の高い治療が出来るので感染症患者も昔は治癒出来なかったようなケースでも、薬物動態理論や臨床薬理学を用いて効果や副作用を考えてより強力な抗生物質の投与量を決めることができます。

 

薬剤にはたくさんの種類と特徴があるので、そこをきちんと理解した上で、一般的な薬剤師よりも感染症による膨大な専門知識が必要となってきます。
感染症には様々な疾患があり、感染経路も接触感染や飛沫感染、空気感染や経口感染などとあります。

 

もちろん手洗いや手指消毒を基本として、感染予防具を使用したり、病院や施設であれば感染患者の居室の配置を変えたり隔離も必要な場合もありますし、咳やくしゃみでの感染を防ぐことも必要です。

 

でも、それだけでは完全に防止しきれないのが現状です。

 

そこで、感染制御認定薬剤師を含めた専門医や感染管理看護師、インフェクションコントロールドクターなどのチームを構成して、実際に治療や予防に携わっていく体制が必要とされてきます。

 

これからもこの感染制御薬剤師は、活躍の幅を広げていくことは間違いありません。
この専門資格を持つには、試験に合格する必要があり、やはりその道のりは難しいようです。

 

 

非公開求人も豊富に扱う

薬剤師専門転職サイト「リクナビ薬剤師」