管理薬剤師の仕事

薬事法の規定により、薬局や店舗または製造業においては拠点毎に1人責任者を置くことが義務付けられています。

 

その責任者を管理薬剤師と言います。当然ながら薬剤師でないと任命できないことになっています。

 

例えば薬局においては、経営自体は薬剤師でなくても行うことができますが、その店舗には必ず管理薬剤師とおいて、店舗についての管理監督をさせる必要があります。

 

薬局における管理薬剤師等の責務の内容については、薬事法や関連法規及び薬局業務運営ガイドライン等で細かく指定されています。

 

その中の主なものとしては、店舗における従業員の監督や医薬品等の管理、例えば管理薬剤師以外の薬剤師や従業員が、適切に業務を行っているかどうか、具体的には接客や法令遵守と言った面からの監督や、医薬品等についての適切な保管・管理を行ったりします。

 

また薬の適正使用のために必要な情報提供業務も担っており細やかな配慮が期待されています。

 

例えば購入を検討している人の顔色等を見て、購入者の求めている医薬品が、適切か不適当かといった判断をしたり、その医薬品に関する副作用についての苦情や相談を受付けるといった、アフターケアについても求められています。

 

 

専任のアドバイザーがサポートしてくれる

薬剤師専門転職サイト「リクナビ薬剤師」