がん専門薬剤師とは?

がん専門薬剤師,治療,病院,専門,説明

がんの治療方法として、手術とか化学療法、放射線治療などがメインになります。

 

がんの状態や進行度によって治療方法が異なります。

 

また本人の体力なども見て主治医と相談して決めて行きます。

 

いずれにしても化学療法はがん治療では欠かせない治療となっています。

 

がん専門薬剤師は患者に抗がん剤についての説明を行います。
どのような効果があり、どのような副作用があるかなどです。

 

抗がん剤に恐怖感を持っている人はとても多いので、きちんとした説明が大事になります。
また副作用についての説明の際には副作用を出来るだけ抑える方法がある事を説明します。

 

どのような薬も効く人と効かない人がいます。
実際は試してみないと分かりません。

 

大多数の人に効く事が確認されている薬剤から投与する事が多いです。
治療効果や副作用の度合いなどを見ながら治療を進めて行きます。

 

どうしても合わない場合は薬剤を変更していきます。
近年は優秀な抗がん剤が登場していますので、がん治療も成果を上げています。

 

抗がん剤治療を通院で行う事も珍しくありません。

 

がん専門薬剤師の人数はまだ少なく、これから益々期待される仕事でもあります。
大きな病院やがん専門病院などに在籍しています。

 

薬剤師専門転職サイト「リクナビ薬剤師」