病院薬剤師と通常の薬剤師の仕事の違い

病院薬剤師と通常の薬剤師の仕事の違いは勤務場所の違いです。

 

病院薬剤師の仕事

病院内で仕事をしますので、入院中の患者さんに薬を出したりもします。
また勤務としては、夜勤も含まれます点は通常の薬剤師との大きな違いとなります。

 

病院薬剤師の場合は、飲み方の指導や副作用についての説明などもしっかり行います。

 

特に入院中の患者の場合は強いくすりを使用している事もあります。
薬の管理が必要な場合もあります。

 

がん患者などの場合は抗がん剤に加えて副作用を抑える薬も処方します。
どのような薬が合うかは人によって異なりますので、様子を見ながら薬を使用していきます。

 

内容は若干ハードな勤務体制になっている病院も多くあります。
大学病院などは非常に忙しい環境です。

 

一般的な薬剤師の仕事

一方通常の薬剤師の勤務先はそれ程混みあわない場所もあります。
大抵病院の近くは調剤薬局が沢山ありますので、仕事も分散します。

 

給与面も考慮して比較検討するといいです。
求人の募集のタイミングなども異なります。

 

大きな病院などですと、ある程度決まった時期に募集があります。
小さな調剤薬局やドラッグストアなどですと、募集は不定期です。

 

生活環境によって働き方が変わる事もありますので、自分に合った職場を見つける事が大切です。

 

専任のアドバイザーがサポートしてくれる

薬剤師専門転職サイト「リクナビ薬剤師」