社会人が薬剤師になるためにはどうすればいい?

社会人が薬剤師になるには?

現在社会人で、いずれは薬剤師に転職したいと考えている場合は、大学への入学が必須です。
薬剤師免許は資格通信講座などを受講したとしても、薬剤師資格試験を受験することはできません。

 

薬剤師資格試験を受講するには、
大学に入学し、6年制の薬学課程を終了することが必須です。

 

平成18年度までは4年制の薬学課程を終了すれば薬剤師試験を受験することができましたが、現在は6年制の終了が必須です。
薬学部の入学には年齢の制限が無いので、何歳でも目指すことができますが困難な点があります。
それは、昼間働きながら薬学部に通うことがほぼ不可能だからです。

 

薬学部は全日制だけで、夜間(二部)や土日だけのスクーリングの薬学部が存在しません。私立でも公立でも同様です。
夜の仕事の方であれば、不可能ではないかもしれませんが薬学部の勉強は簡単ではありません。

 

薬学部の学生は昼間の授業に加え、夜には復習や予習など勉強しなければならないことは山積みです。

 

社会人が薬剤師を目指すには一度会社を退職して、薬学部に通う大学生として6年間過ごすことが最善の道を言えます。

 

この時点で「そんなの無理じゃない?」と思ってしまいます。
社会人だとしても、
・会社を経営している
・時間に縛られない仕事をしている
・不動産投資で収入を得ている
など、時間の余裕がある仕事の方は大学に通うことも可能だと思います。

 

また、社会人のうちに6年間のおおよその授業料1,000万円〜1,300万円と6年間の生活費を貯金することができれば勉強に集中できると思います。
流石に不可能じゃないか…と思わされる額ですが、薬剤師として活躍できるようになれば取り戻せる額だと思います。

 

どうしても薬剤師になりたいと熱意を持っている人は、まずは全日制の大学に通いながらも、夜に数時間のバイトで生活費を稼ぐのも一つの手です。

 

社会人が薬学部に入学・卒業する難しさ

6年生の薬学部に入学できたとしても、薬学部の授業のハイレベルさに付いていけないという人もいます。
留年する人や途中退学する人、卒業を延期せざるを得ない方もいます。
留年すればその分年間授業料がかかりますし、薬剤師としての収入を得ていく時期も先延ばしになります。

 

勉強に自信がある方は一所懸命に勉強すれば良いですが、勢いだけで会社を退職して薬学部に入学するのはお薦めできません。

 

社会人が薬学部に入学するための条件は?

薬学部に入学するには、高校を卒業していることが条件になります。
どんなに頭の良い人でも高等学校卒業が必要なので、取得していない場合は高卒認定試験を受験しましょう。

 

社会人が薬学部に通うために考えられる出費は?

まず薬学部の授業料として年間100万円〜200万円程度がかかります。
6年制なのでざっと計算して1200万円。
これに加えて、普段の生活費が必要になります。

 

住んでいる自宅から大学が近くなら良いですが、近隣に薬学部大学がない場合は引越しが必要です。
ひとり暮らしした場合、地域によりますが家賃がかかります。
関東や都市部の大学となると安くても5〜8万円程度の家賃に加えて、食費や光熱費、年金や健康保険料など日々かかるお金はざっと計算しても15万円以上です。
金銭面をなるべく抑えたい場合は、地方にある薬学部に通う方が、家賃や生活費が安く住む場合があるので、縁がない地域だとしても地方の薬学部に通うのも一つの手です。

 

社会人が薬剤師に転職する際のデメリット

予め、何歳で薬剤師免許を取得できるかを逆算しておくことも大事です。
薬剤師の仕事に就く際には、現役で大学に通い免許を取得した新卒の学生たちと比較されるので、若い世代を優先して採用する会社や病院も少なくありません。
年齢の問題をカバーするには、コミュニケーション能力や成績が優秀であることです。
現役世代に負けない力を身につけなければ、免許を取得しても厳しい転職が待ち受けているかもしれません。

 

薬剤師免許は薬剤師になるためだけの免許ではないので、その他の職種のために取得を目指す方もいるのこの限りではありません。

 

免許を取得した後は、どんなライフプランを持っているのかもしっかり見つめ直しておくのが重要です。

 

薬剤師への転職は、薬剤師になりたいという強い情熱があるわけではなく収入の面を考慮したものである場合は、薬剤師以外の国家資格に挑戦する方が現実性があります。

 

国家資格には、社会人としての仕事をしながらも通信教育で学べるものも沢山あります。

 

どんな資格でもいいから国家資格を取得して高い収入の職種に転職したい
スキルの高い国家資格を取得して未来の自分の選択肢を増やしたい
国家資格を取得して自慢したい
という理由なのであれば、薬剤師ではなく別の国家資格にシフトする方が良いです。

 

薬剤師に近い職種であれば「調剤薬局事務」があります。
これは通信教育で受講でき、比較的短い期間で知識を身につけられますし、取得も薬剤師より容易です。

 

国家資格は多岐に渡るので、国家資格を通信講座で取得できる通信教育フォーサイトなどをチェックしてみるのがおすすめです。

 

 

通信教育フォーサイト通信教育フォーサイト