薬剤師免許を取得するまでの最短の期間

薬剤師,免許,期間,薬学部,就職

薬剤師免許を取得するためには、大学の薬学部を卒業する必要が出てきます。

 

現在、大学の薬学部は6年制となっていることから、薬剤師免許を取得する最短の期間は6年と言えます。

 

従来の大学の薬学部は、他の学部と同様に4年制となっていました。

 

しかし、近年の医療技術の発展に伴って薬剤師が学ばなければいけないことが増えてきてために、4年制から6年制に変更がなされています。
その結果として、薬剤師になるには6年間の大学の学費が必要となってきます。

 

そのため、薬学部の学生を持つ親の経済的な負担は、大きく増している状況があります。

 

しかし、現在の医療業界では薬剤師不足が起こっていることから、大学の薬学部を卒業してしまえば、就職先には困らないメリットが生まれています。
国家試験である薬剤師の試験は大学の薬学部を出ていれば、合格をするのは難しくはない状況があります。

 

薬剤師免許を持っている人であれば、調剤薬局やドラッグストアなどの求人は豊富に用意されています。
また、薬剤師免許を保有していれば、大手の調剤薬局チェーンなどに就職すれば、定年まで働ける安定した就労環境が得られることが期待できます。

 

そのため、最短の期間の6年間の学習があっても、将来的には十分な見返りを得ることが可能となっています。

 

薬剤師専門転職サイト「リクナビ薬剤師」