現役薬剤師が感じる、薬剤師のやりがいとは?

薬剤師,やりがい,転職,病院,患者

現役薬剤師といってもどこの組織に所属しているかでそのやりがいは大きく異なります。

 

例えば病院勤務の場合、病院で大手調剤薬局のように処方箋にそって調剤し、薬をお客さんにお渡しするのと違い、病室を回って薬の説明を患者にしたりするのがメインだそうです。

 

人によっては、調剤薬局ではひたすら処方箋に沿った薬を作るだけで面白味は何も感じられない人もいるので病院勤務の薬剤師が向いているという場合もあるでしょう。

 

病院では、患者との接点があり薬の説明をしたりするので、面白さを感じることができる点が多分にあります。7

 

ただ薬を調合する機械ではなく、薬を作りそれが実際に効果があるかどうかを確認し効果がなければ薬を変えたりするので頭を使う仕事になったそうです。
その部分にもやりがいを感じるようですね。
かといって、地域の調剤薬局もまたそれはそれで魅力的な一面があります。

 

もし、地元の調剤薬局で勤めている場合は、地元のお知り合いが多いため、患者一人一人とのコミュニケーションが総合病院などに比べれば遙かに密なものになるでしょうし、単純に仕事としてだけではなく、地域の人同士ということで接することが出来る点もあります。

 

そういった意味で現役薬剤師のやりがいはさまざまにあります。

 

専任のアドバイザーのしっかりサポート

薬剤師専門転職サイト「リクナビ薬剤師」