薬剤師の仕事内容

薬剤師の仕事内容は、大きく分けると3つあります。

 

処方箋に基づいて薬の調合

1つは調剤業務で医師から処方された、処方箋に基づいて薬を調合していく作業になります。
この作業は薬剤師のメイン業務となり、どこに勤務した場合でも行います。

 

服薬指導

次に服薬指導も欠かせない業務となります。これは薬を服用する患者さんに服用方法や効能、保管方法などを指導する業務となります。
また使用した患者さんから、副作用などの情報を集めて、フィードバックすることも重要な仕事になります。

 

薬歴管理

最後に薬歴管理ですが、これは患者さんの服用履歴や副作用、アレルギーなどの情報を管理する業務になります。

 

この3つが主な業務となりますが、勤務する場所によっては、これ以外の業務を行うことがあります。

 

調剤薬局の場合であれば、大抵はこの3つの仕事内容ですが、ドラッグストアで勤務をする場合には、そのほかにOTC販売を行っていきます。
OTC販売とは、調合した薬を売るのではなく、すでに作られている市販の薬を販売する業務となります。

 

ですのでお客さんとのコミュニケーションが重要となります。

 

お客さんの症状やニーズに合わせて、どの薬があっているのかなどを、適切にアドバイスしなくてはなりません。
お客さんの症状によっては希望の商品以外を薦めることもあります。

 

 

専任のアドバイザーがサポートしてくれる

薬剤師専門転職サイト「リクナビ薬剤師」

 

薬剤師の仕事,作業,業務,勤務,薬

薬剤師の仕事内容記事一覧

病院薬剤師と通常の薬剤師の仕事の違いは勤務場所の違いです。病院薬剤師の仕事病院内で仕事をしますので、入院中の患者さんに薬を出したりもします。また勤務としては、夜勤も含まれます点は通常の薬剤師との大きな違いとなります。病院薬剤師の場合は、飲み方の指導や副作用についての説明などもしっかり行います。特に入院中の患者の場合は強いくすりを使用している事もあります。薬の管理が必要な場合もあります。がん患者など...

薬事法の規定により、薬局や店舗または製造業においては拠点毎に1人責任者を置くことが義務付けられています。その責任者を管理薬剤師と言います。当然ながら薬剤師でないと任命できないことになっています。例えば薬局においては、経営自体は薬剤師でなくても行うことができますが、その店舗には必ず管理薬剤師とおいて、店舗についての管理監督をさせる必要があります。薬局における管理薬剤師等の責務の内容については、薬事法...

日々進歩している医療の世界。その目覚ましい進歩に伴い、医学や薬学の知識や技術も、どんどん高度になり、複雑化しています。そのような背景を踏まえ、最近では薬剤師の専門科が進んでいます。特にがん治療の領域では、分子標的治療薬という新たな薬剤も登場し、より専門的な、最新の知識や技術を修得している薬剤師の存在が求められています。そのような時代のニーズに応え、専門薬剤師が今注目されています。専門薬剤師とは、認...

がんの治療方法として、手術とか化学療法、放射線治療などがメインになります。がんの状態や進行度によって治療方法が異なります。また本人の体力なども見て主治医と相談して決めて行きます。いずれにしても化学療法はがん治療では欠かせない治療となっています。がん専門薬剤師は患者に抗がん剤についての説明を行います。どのような効果があり、どのような副作用があるかなどです。抗がん剤に恐怖感を持っている人はとても多いの...

2006年から誕生した感染制御認定薬剤師は専門資格であり、医療機関や福祉施設などでの感染症の予防や治療を行うために、重要な専門家となっています。医師と連携して、より質の高い治療が出来るので感染症患者も昔は治癒出来なかったようなケースでも、薬物動態理論や臨床薬理学を用いて効果や副作用を考えてより強力な抗生物質の投与量を決めることができます。薬剤にはたくさんの種類と特徴があるので、そこをきちんと理解し...

居宅療養管理指導薬剤師とは何か知っていますか?居宅療養管理指導は実際に利用者の御宅に訪問して専門的なアドバイスをしたり、指導を行なうものです。介護保険法に基づくサービスの一環で通院が困難な方の為にあり治療までの医療行為は行ないません。今後の超高齢化社会に向け、要介護者に今後も需要が増え続けるサービスと言えるかも知れません。指導が必要な方は介護保健課に申し入れ、申請する必要があります。居宅療養管理指...

病院薬剤師会というのは全国組織の薬剤師会ほかに下部組織として各都道府県単位で構成されていまして、ここでは病院や診療所に勤務している薬剤師さんが集まる団体です。ちなみにこの病院薬剤師会には保険薬局の薬剤師さんは加入しておらず、そちらは薬剤師会という別の会に参加する形になります。病院薬剤師会の活動とは?さてその病院薬剤師会では毎年予算が計上されていまして、その予算でもって病院や診療所勤務の薬剤師さんを...

今回は薬剤師会への入会のメリット、必要なもののことを書いていきます。つまりこれは、その地域毎に組織が存在し、会員になることで研究や会員同士の情報交換等、様々なフォローが受けられるものです。入会に関しての手続きはまずはその地区の薬剤師会に話を通し、その上の各、都道府県薬剤師会に話がいき、日本薬剤師会に登録される流れの様です。会費に関しては年会費等、各地域によって異なるので一定ではありません。ただ情報...

調剤から医薬品の供給まで、お薬のスペシャリストとして、私達に身近な存在の薬剤師。薬のことなら何でも相談できる、頼もしい存在です。日本薬剤師研修センターは、薬剤師専門の研修を行っている公益財団法人です。この日本薬剤師研修センターで研修を受けると、研修認定薬剤師と名乗る事ができ、自己研鑽を行った薬剤師、という証明となります。この証明は向上心を持って業務に励んでいる、という証しとなり転職などでも有利に働...