認定薬剤師の需要と給与相場

認定薬剤師の需要と給与相場に関して解説します。

 

ここでは、漢方薬・生薬の薬剤師についてご紹介します。

 

認定薬剤師の給与例「漢方薬・生薬の薬剤師」

給与相場、薬剤師となることで、通常の給与に加えて更に手当が上乗せされ、年収アップにつながるのです。

 

漢方薬・生薬認定薬剤師制度とは、漢方薬・生薬に関する専門的知識を修得することです。

 

受験資格は受講修了後2ヵ年有効で、認定期間が切れた翌年から10年以内の元漢方薬、生薬の薬剤師であり、認定期限後、継続して漢方薬・生薬に関する研修で、原則として毎年2単位以上を取得したもの尚、漢方薬・生薬の薬剤師では更新制度が設けられており、3年ごとに定められた研修に参加し、定められた単位数を取得しなければいけないことになっています。

 

漢方薬・生薬認定薬剤師制度は日本薬剤師研修センターと日本生薬学会が合同認定により、認定制度が実施・運用されています。

 

2012年6月30日現在、2,414名の薬剤師が、漢方薬・生薬認定薬剤師として認定されています。

 

平成21年には初めて市場規模が1200億円を超えており、今後も需要の拡大が見込まれる市場となっています。

 

このような背景もあり、漢方薬に対する豊富な専門知識を保有する漢方薬・生薬認定薬剤師の活躍の場は広がっており、今後も更なる活躍が期待されています。

 

薬剤師専門の転職サイト

ファゲット

ファゲット

 

認定薬剤師,需要,給与相場,漢方薬,生薬

関連ページ

薬剤師の平均時給
薬剤師の平均時給はどれくらいの金額になるのか?全国の地方、地域によって差はあるのか?全国の薬剤師のアルバイト時給や年収など、収入面に関しての情報をご紹介しています。
病院薬剤師の給与額相場
病院薬剤師の平均的な給与額相場について解説します。病院薬剤師として働いた際の収入面に関して薬剤師の仕事内容を交えて、薬剤師の魅力やメリットについてご紹介しています。