薬剤師の平均年収

薬剤師,年収,年代,病院,医療業界

薬剤師の年収は、免許取得までの道のりの大変さから考えて、他の仕事と比べて、待遇面は充実したものとなっています。

 

さらに福利厚生や休日面でも一般のサラリーマンと比べて高待遇なのが、魅力でもあります。
そんな薬剤師の実際の平均年収はどのような金額になるのでしょう?

 

また、年齢によってどのような違いがあるのか見て行きましょう。

 

薬剤師の平均年収は?

そんな、医療業界に多くの貢献をしている薬剤師の年収ですが、この職種の平均年収は、一般的には高いとされています。

 

平均年収では年齢別に見て20代で450万から、30代で600万から、40代から60代が500万から750万位というデータが出ています。

 

こうして見てみるとやはり、充実した給与相場が見てとれますね。

 

薬剤師の年収のピーク

年収のピークは、やはり働き盛りの40代から50代に迎えます。

 

製薬会社やドラッグストアなどの店長クラスになりますと900万近くの年収になる例もあります。
また、技術面や実績に伴い大きな製薬会社や研究職では、平均年収は1000万円程になる場合もあるようです。

 

このように薬剤師の年収は、一般的な企業に勤めるサラリーマンよりも高額だと言えるのではないでしょうか?
収入アップの可能性もありますし、やはり安定収入が見込める職種だと言えそうです。

 

ハードだけれど、世の中の経済状況に左右されず、安定して勤務する事ができる、そんなイメージもあります。

 

非公開求人が豊富でおすすめ

薬剤師専門転職サイト「リクナビ薬剤師」

 

薬剤師,年収,年代,病院,医療業界


薬剤師の年収記事一覧

地方ごとによって薬剤師の平均時給が異なるので、この点を踏まえて就職をする事が重要となります。薬剤師は地方ごとに待遇が違いますが、基本的には平均時給が高額となっており、収入面において不満を抱く事が皆無です。首都圏に関しては、平均時給が高額となる傾向にあり、短期間で多くの報酬を得たい場合においては最適となっています。社会保険や結婚祝いなどの様々な福利厚生も充実しているので、労働者にとってはありがたい条...

認定薬剤師の需要と給与相場に関して解説します。ここでは、漢方薬・生薬の薬剤師についてご紹介します。認定薬剤師の給与例「漢方薬・生薬の薬剤師」給与相場、薬剤師となることで、通常の給与に加えて更に手当が上乗せされ、年収アップにつながるのです。漢方薬・生薬認定薬剤師制度とは、漢方薬・生薬に関する専門的知識を修得することです。受験資格は受講修了後2ヵ年有効で、認定期間が切れた翌年から10年以内の元漢方薬、...

薬剤師の求人の中でも病院薬剤師は特に人気がありますよね。病院薬剤師は調剤薬局の薬剤師に比べて給与額の相場が高い傾向があります。やはり直接的に命に関わる薬剤を取り扱うので、責任が重い分相場が高くなっています。給与額の平均的な相場の中では、病院薬剤師の平均的給与額はかなり高くなっています。病院での勤務は人気が高く、求人数も調剤薬局に比べて少ない傾向にありますが、病院の薬剤師として勤務ができると給与の面...