薬剤師の転職ならまずチェック!失敗しないための薬剤師転職サイト選び

薬剤師の方が、大手の調剤薬局をやめて転職をするというのはよく聞くケースです。

 

失敗しないように気をつけておきたいことを残業や短期間での転勤があるような大手調剤薬局のような勤務先を避け、さらに同業者同士で電話やSNSなどで情報交換しあう人が多いようですね。

 

口コミサイトを見てみると、そのような大手の勤務先では転勤は半年に1回ぐらいある職場もあります。

 

またもう1つ気をつけておきたいこととして、よく就職サイトを見ると、大手の調剤薬局では得てして残業が多く、職場の雰囲気も殺伐としがちなため、そういった場所で働いていた薬剤師は転職時に失敗しないために職種は病院薬剤師を選ぶのが常套手段となっているようです。

 

やはり、当然のことですが、出来ることなら極力自宅通勤のできる病院を探しだし、そこで内定をもらい、食費や家賃をセーブして月々かなり貯金ができるようになるのが転職時は勿論、新卒の方にとっても一番良いですよね。

 

薬剤師専門の転職支援サイトを活用しましょう!

現在、薬剤師専門の転職・求人サイトではこの職種の求人情報は公開・非公開で優に数千件ありますので、数多くの案件から自分の条件に合う案件を選ぶことができることから、現職の薬剤師の方が転職を検討する際に多く利用されています。

 

また薬剤師専門としてサービスを運営しているサイトでは無料でコンサルティングサービスを展開するなど、随時問題があれば相談して解決するのがおすすめです。

 

利用した方の口コミを見ても、そういったコンサルティングから考え始めるというケースがあるようです。

 

薬剤師の転職をサポートする大手リクナビ薬剤師

薬剤師,転職,資格,試験,転職サイト

リクナビ薬剤師は転職エージェント会社「リクルート」が運営する薬剤師専門の転職支援サイトです。

 

薬剤師の方の転職を大手ならではの手厚いサポートで支援してくれる人気・知名度が共に高い薬剤師専門の転職支援サイトとなっています。

 

リクナビ薬剤師おすすめのポイント

リクナビ薬剤師では転職を検討している職場を事前調査することで、働く前の不安や疑問点にしっかりと応えて解消するサポート体制が整っています。

 

専属のキャリアアドバイザーによるサポート

薬剤師の仕事ならではの悩みや不安などにもしっかりと聞いてもらえることや、薬剤師専門の転職支援サイトですので、多くの薬剤師さんの転職の傾向や転職後の状況についての知識や情報を豊富に持っていることが、安心して任せられると評判です。

 

非公開求人が多い

リクナビ薬剤師では公開している求人は全体の25%と多くの非公開求人案件を用意しています。
こうした、自分の情報収集だけでは見つけられない求人を案内してくれるのも大手ならではの転職支援だと言えます。

 

登録から求人案内までの早さ

リクナビ薬剤師では無料登録から希望内容の確認後の求人案内までがとても速いと評判で、初回のヒアリングでも求人情報を案内するなど、転職までの時間を短くするサポートをしています。

 

また、利用者の代わりに求人情報の収集や条件交渉も必要に応じて行うなど、働きながらの転職を考えている方にとっては嬉しいサポートです。

 

職務経歴書の作成サポートや面接日の日程調整など企業や病院とのやりとりも行ってくれるなど、充実したサービスで大手の信頼性と合わせて利用者からの満足度も高いです。

 

薬剤師,転職,資格,試験,転職サイト

 

 

薬剤師,転職,資格,試験,転職サイト

 

薬剤師専門の転職情報サイト「ファゲット」

薬剤師,転職,資格,試験,転職サイト

薬剤師の転職情報サイトファゲットが他の情報サイトよりも優れているポイントはいくつかありますが、まずはこの業界では2番目に歴史が古いということから信頼性や実績などが高いことが言えます。

 

今では非常に多くの薬剤師の転職情報サイトがあります。
インターネットがかなり普及している為、この流れに便乗して多くの会社がこの業界に参戦しているわけですが、結局のところは薬剤師の仕事を探す場合にしっかりと目的の求人を見つけられるかどうかが利用者にとってはポイントになってきます。

 

老舗ならではの実績で転職をサポート

その点を考えますと、老舗の転職情報サイトは他の情報サイトに比べると当然ながら実績は高く、実績が高いということはそれだけ求人のコネクションが豊富であり多くの求人を抱えている証拠でもあります。

 

このようにファゲットのポイントは実績をしっかりと確率しているサイトなので、目的の仕事を探すという点では非常に信頼性が高いことが言えます。

 

他にも色々と優れている点がありますが、実績と評価が高く利用者に人気があるサイトなので、他の説明は不用とも言えます。

 

薬剤師の転職活動をするなら一度はチェックしておきたいサイトです。
ファゲットで色々と求人情報を探してみましょう。

 

薬剤師,転職,資格,試験,転職サイト

 

ファゲット

 

薬剤師,転職,資格,試験,転職サイト

 

薬剤師の転職派遣の情報サイト「ファル・メイト」

薬剤師,転職,資格,試験,転職サイト

薬剤師や医療関連での求人募集に強い転職情報サイトはファル・メイがおすすめです。

 

他の情報サイトよりも優れているポイントはまずなんと言っても最低賃金の保証があることです。

 

人材派遣の転職情報サイトで通常、最低賃金保証などはなかなか個別のサービスで設定しているのは稀で、このファル・メイトの場合、関西地域なら時給で2700円、関東地域なら時給で2800円が保証されています。

 

またさらに交通費も全額支給がプラスアルファで付くなど、正職員になれない中で薬剤師や医療関連の国家資格を持っている方にはとても良い待遇を保証してくれるサービスを展開しています。

 

これが何と言ってもおすすめの理由です。

 

派遣で働く薬剤師をしっかりサポート

他にも薬剤師の転職情報サイトとしてファル・メイトが他の情報サイトよりも優れているポイントは保険の適用が派遣期間が一日であってもあれ、それがこのサービス自体が負担してくれるという点です。

 

具体的に言いますと、薬剤師賠償責任保険といって、薬剤師の調剤時のミスなどに対応した保険になり、これは本来勤務先の負担がメインになりますが、このサイトの場合、サービス元自体が負担するという特殊な構造になっております。

 

こういった特殊な構造なので、皆さんも少し慣れないでしょうが、それはご心配いらないようです。

 

皆さんそれぞれに専任の担当者の方がつきますのでサポートも充実しているので派遣での薬剤師求人を探している方は一度、チェックすることをおすすめします。

 

薬剤師,転職,資格,試験,転職サイト

 

ファルメイト

 

薬剤師,転職,資格,試験,転職サイト

 

薬剤師専門の転職情報サイト「薬剤師サービスセンター」

薬剤師の方が転職をされる際に1つまたは複数のサイトに登録されますが、他の情報サイトにも同じ求人で似た情報しか手に入らないこともしばしばあります。

 

もっと独自の求人情報をお求めになるためにおすすめなのは薬剤師サービスセンターです。

 

薬剤師サービスセンターおすすめのポイント

薬剤師サービスセンターでは独自に店舗の調査をして収集をしたオリジナルのデータを持ち、薬剤師の人数など聞きたい情報がその場でお伝えできるように持ち合わせています。

 

マンツーマンでの転職サポート

また担当してくれる担当者も資格をもっており経験豊富な方々で信頼できます。

 

しかも他の転職情報サイトよりも優れている点はワンツーマン体制だということです。
つきっきりで対応していただけるので求めている求人先や細かなところまで探してご提案していただけるのが何と言っても優れているポイントでしょう。

 

忙しい人に嬉しい土日対応

また他の情報サイトよりもおすすめなポイントがもう1つあり、それは対応していただける時間帯が長いということです。

 

転職をされる方には現在も勤務している方や、土日休みの方など様々な方がいらっしゃいますが、転職情報サイトが土日休みであったり夜遅くまで対応していないところが多いです。

 

しかし薬剤師サービスセンターでは土日祝も対応して平日は朝8時から22時までという長い時間対応しております。

 

この点で仕事で帰りが早くない方や土日休みの人にも優しく大変助かる転職情報サイトになっています。

 

薬剤師,転職,資格,試験,転職サイト

 

薬剤師になるための最短の方法とは?

医薬品の供給などを行う医療従事者を薬剤師といいます。

 

6年制の薬学部を正規の課程で修めて卒業

現在の日本では1889年に薬品営業並薬品取扱規則性が公布され、6年制の薬学部を正規の課程で修めて卒業します。

 

国家試験を受験する

次に国家試験に合格しなければ資格がとれません。

 

この薬学部とは学校教育法に基づく大学になります。
薬学部を卒業し、試験を受ける方法が最短でしょう。

 

試験に合格すると名簿に登録申請し、厚生労働大臣から免許が与えられます。

 

2005年以前の大学入学者は正規の課程は4年制で、2006年以降の大学入学者は6年制になります。
2005年以前の入学者の方が最短で資格が取得できたでしょう。

 

保険薬剤師の登録

また、勤め先によって保険薬剤師の登録をしなければなりません。
病院勤務者は必要ないですが、調剤薬局などで働くには必要になります。

 

健康保険制度を取り扱うには保険医療機関として指定を受けなければなりません。
医師も保険医としての登録をします。薬剤師も同じなのです。

 

また、勤務先の管轄の地方厚生局で登録・研修をします。

 

免許が交付され、勤務先が決まったら速やかに登録するといいでしょう。

 

以上が最短で薬剤師として働ける主な方法です。

 

付与される資格もあり、毒物劇物取扱責任者、食品衛生管理者などの資格は無試験で付与されます。
労働衛生コンサルタントなど受験資格が付与される資格もあります。

 

薬剤師国家試験の受験費用と受験場所

薬剤師国家試験の受験費用として薬剤師国家試験出願申請時に受験手数料6,800円を必要とします。

 

受験手数料の額に相当する収入印紙を受験願書に貼ることにより納付になります。
収入印紙に消印の必要はありません。

 

その他に受験費用として含まれるのは、ご自宅から受験会場までの交通機関の運賃です。
受験場所は選択でき、1都1道1府6県で受験が可能です。

 

北海道、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、広島県、徳島県、福岡県を指定しています。

 

場所によっては、遠方のため、交通費だけではなく、ホテルに前泊する必要も出てくるでしょう。

 

試験時間は1日目は9時30分から試験を開始し、17時45分に試験終了になります。
2日目も9時30分試験を開始するため、遠方から受験の場合は、1日目も最寄のホテルなどに宿泊する必要があるでしょう。

 

2日目の試験終了時刻は18時00分のため、公共交通機関は動いている時間帯でありますが、交通機関の接続が悪い場合は2日目もホテルなどに宿泊する必要がある場合もあります。

 

丸二日間に渡る長丁場な試験を受けるため、体調管理とともに時間に余裕のあるスケジュールを立てることが受験を成功させるカギになります。

 

当サイトでは薬剤師の転職に役立つ薬剤師専門の転職情報サイトのご紹介や薬剤師に転職をするための資格取得のための情報や薬剤師の年収・仕事の内容についての知識と実際に転職サイトを利用した方の口コミなど、薬剤師の転職で失敗しないための情報を掲載しています。

更新履歴